応急手当普及員が誕生しました

 

この度、モリコーでは2名の応急手当普及員が誕生しました。

この応急手当普及員とは、普通救命講習が実施できる指導者のことです。

 

モリコーでは、日頃から安全安心な地域社会を目指すと供に、安全安心で働きやすい企業を目指し日々活動しています。

その一環として、モリコーの社員は必ず『救命技能認定』を受講しなければなりません。

俗に言う『救命講習』を受講し認定証を受けないと、担当にはなれないというものです。

 

なぜそのようなことをするのか?

私たちは、スタッフが安心して働いてもらう為のお手伝いをする仕事と同時に、クライアントに対して安全で安心な環境での

就労をお願いし、ご協力頂いております。

しかし、派遣先様だけに責任を押し付けるのではなく、私たち派遣元も安全衛生活動に積極的に参加し安全に対する

意識と知識の向上を図らなくてはいけません。

 

その為には、一人一人が安全や安心、命の大切さを十分に理解しなくてはならないと思っています。

その入門編として、救命技能認定証(救命講習受講)が必要になってくるわけです。

 

先日、モリコーの大切なスタッフを住宅火災により失ってしまいました。

火災による、一酸化炭素中毒です。

もう少し火災啓発が出来ていれば・・・  もしかしたら・・・  悔やんでも悔やみきれません。

もうこのような事は、絶対に起してはいけない。

命を失うことがあっては絶対にならない。

 

 

 

モリコーでは、労働災害は勿論のこと、普段の身の回りの危険に対しても、敏感でならなくてはいけないと思っています。

その為には、労働災害、自然災害、交通事故、火災などの防火防災に対しての知識・意識向上が欠かせません。

現在、モリコーでは以下のような体制で安全安心に対する啓発活動と意識・知識の向上に努めています。

  1. 安全衛生管理者   1名    社員に対し安全衛生に対する企画や指導を行う
  2. 防災士         2名    自然災害や火災など、災害全般の知識に特化している 防災、減災の企画や指導をする
  3. 応急手当普及員   2名    救命技能(心肺蘇生・AED・応急手当等)の指導を行う  
  4. 上級救命技能者   2名    普通救命技能にプラスし傷病者の搬送方などの知識がある
  5. 普通救命技能者   4名    心肺蘇生・AEDの使用が出来きる
  6. 熱中症予防管理者  2名    熱中症による死傷災害の減少を目的とし、夏場は派遣先やスタッフに対し注意喚起
  7. 安全運転管理者   1名    安全運転の指導企画をし、年に1回の運転技能試験と年2回の交通安全講習を行う
  8. 防火防災管理者   1名    青梅消防署にご協力頂き、年に数回の火災予防訓練や啓発活動を行う

 

今回、普及員(指導者)が2名誕生しました。今後はスタッフや、クライアントに対しご要望があれば救命講習を実施しようと計画をしていますので、ご要望の方はモリコーまでお気軽にお問合せ下さい。

 

『救命の連鎖』

ここでは、紫色と赤色が私たちバイスタンダーが担い、オレンジ色に引き継ぐ。この4つの連続して行われることが必要です。

 

 

 

モリコー 安全衛生防災

青梅大祭のお知らせ

今年もついにやってきました!

モリコー本社のある、青梅市で三大イベント?のひとつでもある『青梅大祭』!!

生で観ると、凄い迫力で、人も山車も大賑わいです!! 是非とも会場にお越し下さい!!

 

平成30年 青梅大祭が5月2日(水)・3日(木)の2日間以下の通り開催されます。

■日時
宵宮祭り
2018年5月2日(水)
15:00~22:00
青梅街道(住江町交差点~市民会館前交差点)交通規制

本祭り
2018年5月3日(木)憲法記念日
09:00~22:00
青梅街道(勝沼交差点~日向和田交差点)交通規制

15:40頃~ 西六町競演(森下町青梅坂下交差点)
日向和田町・裏宿町・森下町・滝ノ上町・天ヶ瀬町・大柳町

17:00頃~ 四町競演(青梅駅前交差点)
本町・住江町・西分町・勝沼町

18:00頃~ 見送り・競演(市民会館前交差点)
森下町・上町・仲町
滝ノ上町・天ヶ瀬町・大柳町
本町・住江町

18:30頃~ 四町競演(青梅駅前交差点)
本町・住江町・仲町・滝ノ上町

■山車(12町)
本町・住江町・西分町・勝沼町
仲町・滝ノ上町・天ヶ瀬町・大柳町
上町・森下町・裏宿町・日向和田町

■居囃子(東から西への並び順)
①師岡囃子連さん
②駒木町囃子連さん
③二俣尾桃花連さん
○青梅囃粋會さん
09:00~ 今寺囃子連さん
10:30~ 新町囃子連さん
12:00~ 谷野囃子連さん
14:00~ 黒澤囃子保存会さん
16:30~ 飯能市郷土芸能保存会さん
④上長渕囃子連さん
⑤和田町囃子保存会さん
⑥下長渕囃子連さん
⑦藤若囃子連さん
⑧友田町郷土芸能保存会さん
⑨河辺町囃子保存会さん

■人形
住江町 神功皇后(仲秀英作)
本  町 神功皇后と応神天皇を抱く武内宿禰(原舟月作)
仲  町 静御前(松雲斎徳山作)山王祭九番
上  町 日本武尊(作者不詳)
森下町 武内宿禰(仲秀英作)神田祭三十一番

■場所
青梅街道

 

当日は交通規制がございますので、ご来場の際は規制を調べてお越し下さい。

緊急速報 #2

 

 

STOP!特殊詐欺! 青梅署管内で詐欺被害が多発しています!!

 

平成29年中、青梅警察署管内(奥多摩~青梅市)で22件の詐欺被害が発生してしまいました!

なんと!金額にして1億円超!!

この特殊詐欺はもはや人ごとではありません!!そこで!以下のような詐欺被害防止策をお願いします!!

  

 

① 自宅の電話は留守電に設定を!

犯人は、留守の家にはお金を騙し取ろうとはしません。 在宅中も留守番電話に設定し、メッセージを残した人のみ折返し電話を掛け直す習慣にすれば、犯人からの電話に出ずにすみ、詐欺被害の防止に繋がります。

② 古い電話機なら買い替えを!

現在は、お近くの電気店等にて詐欺電話を撃退する機能が付いた電話機が多数販売されています。電話機の買い替えは詐欺電話の撃退に繋がりますので、是非まだの方はご検討してみてください。

 

 

犯人の電話に出ないで被害ゼロ

 

 

皆さんも詐欺被害には十分に注意し、ご家族や身内の方にも注意喚起をお願いします!!

おかしな電話がかかってきたらすぐに110番もしくはお近くの警察署に電話して下さい!!

警視庁新キャラクター ストッポ君

 

 

 

緊急速報 #1

 

平成30年4月6日~15日まで『春の全国交通安全運動』が実施されます

私たちの住む青梅署管内(奥多摩~青梅)でも昨年29年は6名の方の尊い命が交通事故により奪われてしまいました。

青梅警察ではこの事案を重く受止め、平成30年交通事故防止総合対策を実施し交通死亡事故の減少に積極的に取り組みます。主な対策は以下の通り。

  1. 交通違反の指導取締り・・・ア)白バイの機動力を活用 イ)交差点に警察官の配置および赤色灯作戦実施による事故抑止
  2. 自動二輪・二輪車ストップ作戦及び二輪車実技教室・・・幹線道路を重点としたストップ作戦・交通安全広報・二輪実技講習
  3. 高齢者対策・・・ア)高齢者の安全講習における「わたりじょーず君」を活用した講習の実施 イ)反射材を積極的な貼付活動
  4. 道路環境の整備・・・ア)道路標識の劣化箇所の再溶着の依頼と標識の新設、規制等の見直し イ)注意喚起看板の設置
  5. プローブ情報の活用・・・急ブレーキ多発地点における注意喚起看板の設置
  6. 積極的な情報発信・・・ア)運転免許更新所を活用し、高齢ドライバーに対する安全運転と運転免許証の自主返納の積極的な呼びかけ イ)ガソリンスタンドにおける管内の交通事故発生状況の掲示

皆さんもいつ被害者・加害者になるか分りません。

日頃から、徒歩・自転車・バイク・自動車のそれぞれの立場になり交通事故を起さないように心がけ注意して下さい!

                                                                                         by モリコー安全運転管理者

消防訓練を実施しました

 

本日、合同消防訓練を実施しました。

青梅消防署、西武信用金庫河辺支店様のご協力により、初期消火訓練、避難誘導訓練を行いました。

また、弊社が入る橋本ビル内の他の店舗の方々にも参加してもらい、総勢25名の参加となりました。

火災発生時で一番大事なことは初期消火です。皆真剣な表情で取り組んでいます。

普段、消火器など滅多に使用することが無いと思いますが、日頃から消火器の設置場所や使用方法などの訓練を実施することで、いざというときに備えることが大切です。

弊社からも10名が参加、うち2名の防災士も、防災リーダーとして真剣に取り組んでいました。

また、3月1日~7日まで、春の火災予防運動が始まります。

空気が大変乾燥していますので、火の取扱いにはくれぐれもご注意願います。

 

 

建設業様向けマナー講習の実施

 

先日、ある建設業者の社長さまからセミナーのご依頼を頂き、その会社の新年会の第1部として2時間たっぷりと講演と講習をさせて頂きました。

元国際線CAで弊社専属マナー講師が担当。  (詳しくは当H/Pの講師一覧をご覧下さい。)

【今までは、接遇など関係ない業種と思われていたが、これからは建設業(職人・職長・管理監督者)も接遇マナーを積極的に取り入れ、『気づく力』や『想像力』を養い各自の仕事に活かし、この競争社会で勝ち残って頂きたい。】との思いがあられるようです。

その日参加された方々は、全部で22名!関係会社の建設業関係の社長、職長、監督者、職人の皆様、皆真剣に耳を傾けていました。

内容は、時間の限りがあるため以下の基本のマナーを体験していただきました。

① 挨拶 ②名刺交換 ③席次 ④接遇とは? ⑤なぜ接遇なのか?

⑥気づく力・想像力を養う ⑦自分の会社にどう活かし、落とし込むのか? ⑧ CS・ESとは?

 

接遇=想像力を養う?・・・一見、ピンと来ないと思われますが、『なぜなのか?』が分る研修内容となっております。

 

 

新年のご挨拶

少し遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。

 

旧年中は、色々なチャレンジ、また色々な方々との出会いがたくさんあり、とても充実をした2017年でした。                   これもひとえに、出会って頂いた皆様方、スタッフ、従業員のおかげと大変感謝致しております。

2018年も株式会社モリコーは、皆様方に支えられながら、社是である『兼愛交利』で、人と人・人と企業・企業と企業の交わりの精神を元に地域の活性化と地域貢献に邁進してまいります。                                               この精神は、『自他の区別なく、平等に愛し、相互に利益を受けること』とのことで、中国の墨子の言葉であります。

「相手のことを思いやり、相手を利することが、いずれは自分らの利益にもなる」という、仏教でいう『自利利他』の精神にも通じるものであろうかと思います。

今後も、こうした精神を貫き、一歩ずつ着実に皆様方に必要とされる会社にしていきたいと思います。

引き続き、ご指導ご鞭撻のほど宜しく願いすると供に、今後とも株式会社モリコーを宜しくお願い申し上げます。

 

2018年1月吉日

~One step at a time~                                                                   株式会社モリコー

 

 

 

 

 

 

年末年始のお知らせ

 

平素は格別のお引き立てをいただき厚く御礼申し上げます。

誠に勝手ながら、当社では以下の期間につきましては、休業とさせていただきます。
ご不便をおかけいたしますが、よろしくお願い申し上げます。

2016年12月29日(金)~2016年1月4日(木)

尚、2016年1月5日(金)より平常通り営業いたします。

 

感謝状を頂きました!

 

本日、青梅警察署にて『平成29年秋季交通功労者等表彰式』にて、弊社が表彰されました!

青梅警察署長・青梅交通安全協会会長の連名で感謝状が手渡されました。

日頃の交通安全への取組みが評価されたものと思います。

今後も従業員一同、安全安心な企業、地域を目指し積極的に取り組む所存です。

 

人権週間が始まります!

 

12月4日~12月10日は人権週間です!!

国際連合は,1948年(昭和23年)12月10日の第3回総会において,世界における自由,正義及び平和の基礎である基本的人権を確保するため,全ての人民と全ての国とが達成すべき共通の基準として,世界人権宣言を採択したのに続き,1950年(昭和25年)12月4日の第5回総会においては,世界人権宣言が採択された日である12月10日「人権デー」と定め,全ての加盟国及び関係機関が,この日を祝賀する日として,人権活動を推進するための諸行事を行うよう,要請する決議を採択しました。

我が国においては,法務省と全国人権擁護委員連合会が,同宣言が採択されたことを記念して,1949年(昭和24年)から毎年12月10日を最終日とする1週間(12月4日から同月10日まで)を,「人権週間」と定めており,その期間中,各関係機関及び団体の協力の下,世界人権宣言の趣旨及びその重要性を広く国民に訴えかけるとともに,人権尊重思想の普及高揚を図るため,全国各地においてシンポジウム,講演会,座談会,映画会等を開催するほか,テレビ・ラジオなど各種のマスメディアを利用した集中的な啓発活動を行っています。
皆さんもお近くの催しに参加して,「思いやりの心」や「かけがえのない命」について,もう1度考えてみませんか?

平成29年度の「第69回人権週間」では,啓発活動重点目標「みんなで築こう 人権の世紀 ~考えよう 相手の気持ち 未来へつなげよう 違いを認め合う心~」を始め,17の強調事項を掲げ,啓発活動を展開することとしています。

モリコーでは、面接にお越しになられる方に対して、偏見や差別のい無いように、『公正採用選考人権啓発推進員』が在籍をして、面接官に対し公正な採用をするよう、勉強会や研修を実施し差別・偏見のない取組みをしています。

 

 

㈱モリコー公正採用人権啓発推進員